さくら霊園でお墓を建てるメリット|宗派を問わない霊園

女性

海で最後を迎える

空

自然な葬送のかたち

散骨とは、細かく粉砕した遺骨を、墓地などに埋葬せず、海などに撒くことをいいます。墓地、埋葬等に関する法律によると、日本においては、通常、遺骨は墓地に埋蔵しなければなりませんが、海洋における散骨に関しては、現在のところ法律の対象外として解釈されているようで、慣習にとらわれない人々の間で広まってきています。少子化問題や、墓地の承継者問題などがある現代においては、画期的な考え方だと言えるでしょう。また、遺体や遺骨は墓地に埋葬するもの、といった固定概念がない海外の国では、遺骨を海へ撒くことは、一般的として知られているのです。神奈川周辺の海に散骨したい場合は、通常、神奈川の風習や散骨の実情に詳しい、神奈川県内の散骨業者に依頼した方が良いでしょう。多くの人でにぎわうビーチが有名な神奈川県ですが、そういった海水浴場や、海産物の養殖場などで散骨を行うのはマナー違反とされています。現在においては、個人で行うことも可能ですが、周辺の住民などに迷惑がかからないよう、ある程度の配慮が必要になってくるのです。業者による大まかな手順としては、まず、遺骨を粉末化します。そして、沖合の散骨場所まで船で移動し、散骨式を行い遺骨を海へ撒きます。その後下船し、業者によっては、散骨証明書などを発行してくれるところもあります。散骨のプランには、家族や親しい友人のみで、船を貸し切って行えるチャータープランや、数組で乗り合わせて行う合同プランなどがあります。また、遠方の人や船に乗れない人などのために、業者が代行してくれることもあるのです。